第126回日商簿記検定まで

●第125回日商簿記検定試験模範解答

資格の大原資格のことならダイエックス

日商簿記検定2級の解答速報などを動画で見る!!

⇒⇒⇒資格の大原

⇒⇒⇒LEC東京リーガルマインド

皆様の暖かい応援クリックが私を励まします

次項有次項有次項有次項有次項有人気ブログランキング

 

日商簿記検定の参考書・問題集

一部の記事について書き直しをしているので、
一時的に(1日〜1週間程度)表示できなくなることがあります。
その際に
「カテゴリー」からご覧いただくと記事が全く表示されません。
また、
「リスエストされたページが見つかりません。
削除または移動された可能性があります。」
と表示されます。
何日後かにもう一度ご訪問いただくと表示できると思います。
すべての記事が表示されるまで、もうしばらくお待ちください。
m(_ _)m

2009年04月11日

不渡手形

応援どうぞよろしくお願いします。m(_ _)m

本日もご訪問いただきましてありがとうございます。

簿記2級の第1問の範囲の内容を書いています。

 

本日は手形の不渡りについてです。

受け取った約束手形や為替手形は期日に決済されれば問題ないのですが、

支払人が資金を用意できなくて期日になっても手形代金を回収できないことが

あります。

 

このような場合には通常の手形債権をあらわす受取手形という勘定科目ではなく、

不渡手形という資産の勘定科目に振り替えることになります。

不渡りになったからといってそれがただちに手形代金の回収が不可能になったわけ

ではないので、不渡手形は資産の勘定科目です。

回収できるまで請求するわけです。

しかし、請求しても回収できない場合には貸倒れとして処理することもあります。

 

また、手形は裏書や割引などを通じて所持人が変わることがありますが、

裏書された手形を受け取っていて、それが不渡りとなった場合には、

手形の支払人だけでなく、自分よりも前の裏書人に対して支払いを求めることがで

きます。これを遡及(そきゅう)といいます。

 

手形が不渡りになった場合に、手形代金を請求することを償還請求といいますが、

償還請求の際には、手形代金以外に諸費用や延滞利息を請求することができます。

 

手持ちの約束手形が不渡りとなった場合の仕訳例は以下のようになります。

【例】

商品代金の回収として東京商店から裏書譲渡された大阪商店振出しの約束手形が不渡

りととなった。そのため、東京商店に対して、約束手形¥300,000を償還請求

した。なお、この償還請求に要した費用¥5,000を現金で支払った。

(借) 不渡手形  305,000  (貸) 受取手形  300,000 
        現  金   5,000 

 

償還請求に要した費用は不渡手形勘定の金額に含めて仕訳をすることになります!

 

役に立ったら応援クリックよろしくお願いします!もっともっとたくさんの皆様に

「簿記2級 商業簿記のポイント」を読んでいただきたい

と思っています。

ぜひ、お友達にもたちばなん の 「簿記2級 商業簿記のポイント」をご紹介ください!

 

資格の大原 簿記講座

posted by たちばなん at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 簿記2級 商業簿記のポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。